ダイエット方法の種類と効果

ダイエットには大まかに分けて食事によるダイエットと運動によるダイエットそして食事と運動以外の方法によるダイエットに分けられます。
食事によるダイエットは更に細分化され黒酢や豆乳といったある特定の食材を食べ続ける方法と、低糖質や低炭水化物といった太りやすいとされるエネルギー値が高い食材グループ全体を抑える方法に分けられます。
黒酢や豆乳といったある特定の食材を食べ続ける方法は個人の食事の好みに大きく左右されます。
よっぽどその食材が好きでなければいつか飽きが来てしまうでしょう。
低糖質や低炭水化物といった太りやすいとされるエネルギー値が高い食材グループ全体を抑える方法は食事にバリエーションをつけやすく前者よりは続けやすい方法です。
しかしこの方法は続けているうちにやりすぎになりやすい傾向があります。
糖質や炭水化物を低く抑えるのは良いですが勝手な自己判断で全く摂取しなくなってしまうと栄養失調となりリバウンドしやすい身体になってしまいます。
食事によるダイエットは自分に取り込む量または質を変えるので効果はダイレクトに出やすくはありますが、最初にやりすぎて後が続けることが出来ずリバウンドしてしまいがちです。
自分の食の好みにあった、継続できる無理のない範囲で続けて行くことが大事です。
運動によるダイエットは食事による方法よりすぐに効果は出にくいでしょう。
ただし身体を動かすことがうまく習慣化することができれば身体の筋肉量が増加し、普段の生活で消費するカロリー量すなわち基礎代謝量が増えていきますので、効果が持続します。
食事による方法でゆるやかに勢いをつけて運動による方法で効果を維持させて行くのが効率のいい方法といえます。

ダイエット医薬品の効果について

医薬品を用いたダイエットはメディカルダイエットと呼ばれ欧米では一般的であり広く普及しています。
その中でも代表的な物にゼニカルというものがあります。
ゼニカルは食べ物に含まれる脂肪を体内に吸収するのを防ぎそのまま体外へ排出させるというもので、食事の前に飲んでおく事で接種カロリーを減らす事が出来るのでダイエットには効果があります。
通常食事をすると胃の中でリパーゼという酵素が働き、このリパーゼの作用で脂肪のほとんどが体内に吸収されてしまいます。
ゼニカルはこのリパーゼの働きを抑制して脂肪分の吸収を約30%抑えますので、同じ食事をしていても脂肪を吸収しないのでカロリー摂取量が減り、ダイエットに繋がります。
次にナイシトールです。
ナイシトールは漢方薬から作られた薬で体内の老廃物などを排出して肥満症を改善するものです。
ダイオウ、カンゾウなど合計18種類の生薬が配合されており、それらがお腹の内側の脂肪に働きかけます。
また、体の熱を冷ます、便通を促す作用もあり、太鼓腹タイプの肥満に効果があるとされています。
同じ様に漢方薬を用いたものに和漢箋防風通聖散がありこちらは交感神経や脂質代謝経路に働きかけ、脂肪を分解、燃焼すると共に体内の老廃物の排泄をうながす事で肥満を改善するというものです。
他にもダイエット医薬品は数多く発売されていますが、共通している効果は脂肪の吸収を抑える、脂肪を燃焼しやすくする、体内の老廃物を排泄するという点で、どれもダイエットにには一定の効果があります。
ですが、ダイエット医薬品はそれだけで万能というわけでは無く、望む様な効果を得る為ににはそれに頼りきるのでは無く適度な運動なども必要になります。

ダイエットと運動と食事

運動と食事は、ダイエットのポイントになります。
効率よくダイエットするためには、運動前後の食事が重要になります。
運動前は、空腹でも満腹でも身体に良くないとされています。
カロリー制限のために空腹のまま運動を行う場合、身体への負担が大きく、血液中のブドウ糖が不足し低血糖症を引き起こすことがあります。
また、運動前に満腹になるまで食べることも控えるようにします。
効率よくダイエットするためには、食事は、運動の30分前には終えるようにします。
食べ物が体の中に入ることで、消化器官が活発化します。
消化のために血液が消化器官に集まりますが、食後直ぐに運動することで、消化器官に集まるはずの血液が全身に巡り、結果として、消化がおろそかになり消化不良を起こすことがあります。
具体的な食事例としては、運動30分前であれば、ゼリー状や液状、フルーツなどの消化がよく、すぐにエネルギーに変わるものを食べるようにします。
1時間前であれば、おにぎりやうどん、お茶漬けなど脂質が低く、炭水化物を補給できるものが適しています。
ただし、食べる量が多いと、消化に時間がかかるため、小腹を満たす程度の量にすることがポイントです。
2時間前でも胃腸の負担を軽くするために、脂質を控えめにし、炭水化物は腹八分目を目安にします。
固形の食べ物は消化までに2時間程度と言われているため、通常の食事であれば、2時間から3時間前には食べ終えておくことです。
脂質の摂りすぎは、消化効率を落とすため、揚げ物などの油っこいものは控えます。
運動後の食事では、魚や肉、卵などでタンパク源の補給を行います。
また、疲労回復や筋肉痛予防のためには、柑橘系の果物や梅干、お酢に含まれるクエン酸が適しています。
■ダイエット薬のお買い求めは
ダイエット薬 通販