中年になって太ったという人のダイエット方法

若い頃はどれだけ食べ、酒をたくさん飲んでも太ることはなく太ってる人の気持ちもわからなかったけど、中年と呼ばれる年齢になった途端に太ったという人は意外に多いと思います。 そんな人たちが若い頃と変わったのは年をとって基礎代謝が落ちてしまったからです。基礎代謝とは寝ていても座っていても1日のうち勝手に消費されるカロリーのことです。 その基礎代謝が落ちているために若い頃と同じ生活をしているのに太ってしまうのです。では中年になったらそれ以降基礎代謝は落ち続けるかというと、何もしなければ年齢と共に落ちていきますが、ある方法を行いあるものを増やせば中年になっても基礎代謝を維持または増やすことができます。 そのある方法とは、筋トレで筋肉量を増やすことです。筋肉量が増えることで基礎代謝は増えます。 また筋肉量が増えること適正な姿勢を維持することができます。適正な姿勢を維持することはスタイルも良く見えるし、維持することでカロリーを消費するので筋肉がつけばきつくないダイエットにもなり一石二鳥です。筋トレ方法としてはバランス良く鍛えることが大切ですが、おすすめなのはスクワットです。 スクワットが一番消費カロリーも多く足痩せ効果もあるのでおすすめです。また筋トレは筋肉が増え体が大きくなるイメージがありますが腹筋や背筋などをすることでスリムになりますし、腕立てを行うことで腕は細くなります。ただし重たい重量で行うと太くなるので気をつけて下さい。体重が増えすぎてしまったという人はまずダイエットの基本である消費カロリーを増やすことも行いましょう。 そのダイエット方法は定番ですがジョギングがおすすめです。無理なくきつければウォーキングから始めましょう。継続することが大切です。