足つぼを刺激して寒天ダイエットの効果を高める方法

寒天を食べるダイエット法の効果を高めるために、足つぼを刺激することもおすすめです。基本的には整腸作用を促進させることが大事ですから、中焦や下焦に良い影響を与える経穴を刺激することが有効となります。便秘に対処するためには、足三里という経穴を刺激することもおすすめです。

足三里は足の陽明胃経の36番目となる経穴であり、一般的には便秘に効く足つぼの一つとして認知されています。取穴するためには、膝のお皿の部分から3寸の場所を見つけます。膝蓋骨の部分に指を4本当てて、小指の付近にある外側の窪みが足三里のつぼになります。足三里は、ダイエット中に発生する胃痛や疲労にも有効な足つぼとして貴重です。

足つぼを刺激しながら、普段の食事で寒天を食べていれば、食物繊維を余すことなく摂取できるようになります。原料は海藻のテングサですから、カロリーはほとんどありません。そのために、濃厚な黒蜜をかけて食べることもできます。ケーキなどの洋菓子よりは明らかにカロリーが低くなるため、ダイエット中のデザートとして積極的に利用することがおすすめです。

足つぼには非常に多くの種類があり、経絡を通じて五臓六腑に影響を与えています。ダイエット中のむくみを解消するためにも、足三里などの足つぼを刺激することもおすすめです。マッサージを行う場合には、温めたタオルも使いながら、温熱効果も引き出していく方法が有効です。足を温めながらマッサージを施せば、血流も促進して新陳代謝が活発になります。

寒天が多用される和菓子は、ダイエット中のおやつとして有効活用することができます。足つぼマッサージの後には、寒天ゼリーや羊羹を食べることで、食物繊維を十分に摂取することが可能です。